あらすじ・感想

『ブラッシュアップライフ』第3話【あらすじと感想】ネタバレあり

『ブラッシュアップライフ』第3話
あらすじと感想

安藤サクラさん主演!『ブラッシュアップライフ』第3話のあらすじと感想(ネタバレあり)を書いています。

『ブラッシュアップライフ』第3話【あらすじ】

2周目最大の徳

2016年。2周目の人生も26年目になりました。

この年、2周目人生で最大のファインプレーが起こります!

麻美の祖父は1周目のこのくらいの時期から体調を崩し、その2年後に亡くなりました。さすがに持病まではどうしようもないけれど、1周目より気にかけ、頻繁に祖父母に会いに行くようになった麻美(と妹の遥)。

1周目でも2周目でも麻美は車の免許を取っていないっぽいですね。何か理由があるのでしょうか…。

2周目の麻美は薬剤師。おじいちゃんが飲み合わせの悪い薬を処方されていることに気がつきます。1周目で体調を崩したのはこの薬のせいなのでは…と薬局へ問い合わせると、やはりダメな組み合わせだったらしく、処方を変えてもらうことができました。

別々の病院で処方されていたとしても、2016年頃ってもうお薬手帳が当たり前になっていたような気もするけど…。

とにかく麻美が気づいたおかげでおじいちゃんは持病を悪化させることなく、1周目よりも長生きできたようです。

運命の日

そして2周目の人生も33年目

1周目の人生で麻美が死んでしまった日がやってきました。

みーぽんに誕生日プレゼントを渡した、あの日です。

3人が宇野真里ちゃんの話をしていたら、同じレストランで食事をしていた玲奈ちゃん(黒木華)が「久しぶり~」と話しかけてきました。

巻き戻して見てみると、プレゼントを渡しているシーンで玲奈ちゃんが3人のこと振り返って見ていました。1周目を見返したら振り返っていなかったので、「みーぽん」という麻美の声に反応して振り向いたものだと思われます。

1周目ではパパの不倫によって保育園の途中で引越してしまった玲奈ちゃん。2周目では引越すことなく、中学校まで一緒だったから気づいたんですね。

玲奈ちゃんには現在彼氏がいるらしく、写真を見せてもらう3人。

突然挙動不審になる麻美。なんと、玲奈ちゃんの彼氏は麻美の職場の先輩・宮岡さん(野間口徹)だったのです。

ちなみに麻美は前回から職場が変わり、現在は自宅から自転車で行ける薬局で働いています。

玲奈ちゃんは10年くらい前に宮岡さんと出会い、その後偶然再会して4年前から付き合っているのだとか。

しかし、宮岡さんは既婚者。職場では普通に結婚指輪をしているし、麻美は宮岡さんの奥さんを見たことがあるので間違いないようです。さらに玲奈ちゃんが見せてくれた写真の宮岡さんは結婚指輪をしていなかったので、既婚だということを隠して玲奈ちゃんと付き合っているに違いないと推察した麻美。

玲奈ちゃんと別れた後に行ったカラオケで、そのことをみーぽんとなっちに打ち明けます。

とりあえず早く玲奈ちゃんに教えてあげた方が良いという結論に達した3人。連絡先を知らないので福ちゃんに教えてもらい、玲奈ちゃんをカラオケに呼びます。ついでに福ちゃんが1周目と同じくしーちゃんと離婚して、その後バイトの子と再婚して子供が産まれたことを聞き、安心する麻美。

不倫をしたことはないけど、不倫ドラマは見まくっているので不倫に詳しい3人は、玲奈ちゃんにどう伝えるか話し合います。

やはりまずは玲奈ちゃんに事実を伝え、ショックを受けたところをなぐさめるのではなく、不倫の愚かさとデメリットを伝えて目を覚まさせるべきだ、となり、なっちが玲奈ちゃんの役をやってシミュレーションすることにw

泣き出すであろう玲奈ちゃんを説得し、不倫をやめる決意をさせた後に何を歌うかまで綿密な計画を練りますw

不倫の愚かさとデメリットを歌った明るくて前向きな曲は…多分ないwので、最後はみんなで中島みゆきのファイト!を熱唱することに。

そこへ玲奈ちゃん登場。

宮岡さんが既婚者だと知った玲奈ちゃんは、3人が何か言う間もなく速攻宮岡に電話。

「もしもし?どうしたじゃねえよ、てめえ結婚してるんじゃねーかよ。は?じゃねーよ、すっとぼけんなよカス!ネタ上がってんだよ!てめぇよく私の大事な時間無駄にしてくれたなクソが!今すぐ連絡先消せ!じゃねーとてめぇの職場突撃すっからな!分かったか?!」

ピッ。

「ごめんね~」

玲奈ちゃん口悪いw シミュレーションの意味なかったw

ファイト!どころか激しいヘッドバンキングで歌い狂った後、4人でコンビニへ。

不倫なんて時間の無駄、別れたら赤ちゃん言葉も自撮りを送ってくるのも超気持ち悪いと盛り上がったところで、1周目で麻美のことを撥ねた軽トラがコンビニの前を通り過ぎました。

密かにホッとする麻美。

4人は車に乗って帰路へ…。その背中をコンビニから出てきた黒づくめの女性(水川あさみ)がじっと見つめていました。

 

私はこの女性は宇野真里ちゃんだと思ってます。

宇野真里ちゃんも人生2周目とか3周目で、自分の人生の出来事を知っているわけです。なので、当然このコンビニで麻美がトラックに撥ねられることも知っています。でも過去を変えるとその後に歪みが出ることも経験で知っているため(多分)、助けることができません。なのに、麻美が事故を回避した=自分が何もしていないのに過去が変わった。なんで…?の顔だったような気がするのです。

どうかな。

二度目の…

そして週が明け、いつもの日常に戻った麻美。

薬局が暇だったので、昼は市役所時代に行っていたおそば屋さんまで足を延ばしてみることに。

すると、途中で『リバーサルオーケストラ』の撮影をしている前野朋哉(本人)を目撃!

「あれ?ドラマの撮影…?あっ!誰だっけ…前野朋哉!すご…」

また死んだ

よそ見しながら自転車をこいでいたら、トラックか何かにぶつかりました。

 

次の生命は

白い空間で目が覚め、案内所のバカリズムを発見した麻美。

「すいません。また死んじゃったみたいなんですけど」キレ気味w

また33歳で死んでしまった麻美ですが、別に33歳で死ぬと決まっているわけではないようです。みんなそれぞれ「お亡くなりになりやすい時期」というのがあるのだとか。

バカリズムによると、年代別に基本寿命というものが決められていて、その他に事故や病気などのイレギュラーな死というものがあるのだそうです。その確率が各年齢ごとに振り分けられているのですが、合計はみんな同じだけど振り分け方は人によってランダムになので、満遍なく振り分けられる人もいれば、ある時期に集中して高くなる人もいる。麻美の場合は30代のイレギュラー死の確率が突出して高くなっているというわけです。

相変わらず、聞かないと何も教えてくれないお役所スタイルw

なんとか受け入れて、次の生命を聞いてみる麻美。

バカリズム「今回の新しい生命は、インド太平洋のニジョウサバですね」

麻美「サバ…?」

バカリズムが言うには、人間に生まれ変わるのが特別難しいのではなく「希望している生命に生まれ変わるため」には、それなりの徳が必要だということです。

人間が一番というのは人間の価値観でしかなくて、生まれ変わる生命に序列はないのだそうです。

突然の深イイ話…?

カブトムシだった方は次もカブトムシを希望するし、カラスだった方は次もカラスを希望することが多いのだとか。

麻美的にはオオアリクイよりもサバの方が若干マシに思えたので、1周目よりも徳を積めたことは間違いないようです。でも希望する生命=人間になるには、まだ徳が足りなかったみたい…。

ちなみに…もう一度麻美の人生をやり直すことも可能。でもその回数には限りがあって、それは1周目の徳の量によって決まります。当然、一回もやり直せないまま次の生命へ行く人も。バカリズムはそういう人にシャツ破られちゃうのかな…。

そして麻美があと何回人生をやり直せるのかは、「お伝えできません」w

食べるのは好きだけどサバとして生きるちょっとキツイ…ということで、麻美、3周目の人生スタートです!




『ブラッシュアップライフ』第3話【感想】

バカリズムが勝手に考えた生まれ変わりのシステムに妙に感心してしまいました。

死んでしまった麻美がキレ気味だったのも可笑しかった。

宮岡さんが自分で鍵を開けなかったのは、もしかしたらあの時間に玲奈ちゃんとLINEしてたのではと思いました。最初のシーンで手にスマホ持ってたし。自撮りとか送ってたのかもねー赤ちゃん言葉のメッセージを添えて…。で、玲奈ちゃんにフラれてから自分で鍵を開けるようになったのは、心を入れ替えたんじゃなくて、単にすることがないから。

奥さんに怪しまれないようにいつもと同じ時間に家を出るけど、玲奈ちゃんにLINEすることはできないから、普通に早く職場に入っただけだと思いますw

麻美には「トータル超キモイ」と思われちゃったけどw

カラオケで福ちゃんがドリンクを運んでくるシーンは無駄にドキドキしました。小窓からサンバイザーが見えただけで笑えたw

そして思惑通りドリンクをタダにしてもらった時の麻美の喜び方。いきなり立ち上がって「よっしゃ!イェイ!イェイ♪」みーぽんとなっちの驚き方もw

福ちゃんもなんか知らないけどめっちゃ喜ばれて嬉しそうだった…。

知り合いにドリンクを1杯サービスしてもらった時の33歳の反応だと思うと面白すぎましたw

けど、1周目ではどうせポテトをおかわりまでしたんだから、お腹いっぱいアピールとかしないで、最初から喜んで食べたら良かったのに、とは思いました。

雑談で粉雪を歌ったのが加藤だと即答したのは笑ったw

粉雪の読み方が「かとう」になっちゃってるしww(Hulu)

あと今回麻美が引きずった件。

  1. 市役所時代の元同僚たちが恋愛話で盛り上がっていたこと
  2. お金にだらしなかった元彼・田邊勝(松坂桃李)が年商10億の実業家になっていたこと

①自分がいた時には仕事の愚痴か上司の悪口ばっかりだったのに、恋愛の話で盛り上がってるの切ない。

②自分と付き合っていた時はギャンブルにハマって職を転々としていたのに、付き合わなかったら実業家になってるの切ない。

このへんが地味ながら徳に関係しているような気がするので、3周目ではぜひ気をつけていただきたい。

2周目でも結局宇野真里ちゃんのこと「逆に性格悪いよね」って悪口言っちゃってたし。

みーぽんの花火バチバチも、店員さんに変な根回しするくらいならやってあげた方が良かったと思うし。

玲奈パパの不倫を阻止したり、ミタコングの痴漢冤罪を晴らしたりするのも徳を積んだことになるのかもしれないけれど、こういった小さいことも大事なんじゃないかなって気がしましたね~~。

まとめ

この記事では、『ブラッシュアップライフ』第3話のあらすじと感想を書いています。

最終回までどうぞお付き合いください♪