あらすじ・感想

『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』第1話から最新話までの感想【ネタバレ】

杉咲花さん主演!

2021年10月6日に放送がスタートした水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』の感想を書いています♪

第1話「フツウの世界」あらすじ&感想

あらすじ

クリックで開きます

盲学校高等部に通う赤座あかざユキコ(杉咲花)は、おっちょこちょいなカメラマンの父・誠二せいじ(岸谷五朗)と、心配性なネイリストの姉・イズミ(奈緒)との3人暮らし。色と光がぼんやりわかる程度の弱視のユキコは、その日、いつものように白杖をついて学校へと急いでいた。しかし、朝からツイていないこと続きで時間は遅刻寸前。そんな日に限って、点字ブロックの上で話し込む男たちに遭遇してしまう。

何やら物騒な会話を交わす男たちに、どいて欲しいと頼むユキコだが、相手は地元でも有名な札付きのワル『黒ヒョウのモリ』ことヤンキーの黒川森生くろかわもりお(杉野遥亮)と、その仲間・花男はなお(戸塚純貴)と草介そうすけ(堀夏喜)だった……!そんな中、白杖を掴まれて、反射的に蹴り上げたユキコの足が、偶然にも森生の股間にヒットしてしまう!悶え苦しむ森生を心配し、よく見ようと覗き込むユキコ。だが、その瞬間、ユキコの顔の近さに驚いた森生は、恥ずかしさから思わずフリーズ!森生の中で“何か”が始まる!

その日以来、なぜかユキコの通学路で待ち伏せするようになった森生。謎のアプローチに戸惑うユキコを、盲学校のクラスメイトの空そら(田辺桃子)と青野あおの(細田佳央太)は「一目惚れだ」と冷やかすが……。
一方、花男と草介の前には、森生のライバル・獅子王ししお(鈴木伸之)が現れる。森生との因縁の喧嘩対決に決着をつけようと宣戦布告する獅子王。しかし、いつもは喧嘩っ早いはずの森生は、その話を聞いても心ここに在らずで……。

森生の異変に気付いた行きつけの喫茶店店主・茜あかね(ファーストサマーウイカ)は、「それが、『恋』だよ」と森生に告げる。その日の夕方、森生は下校するユキコを再び待ち伏せて……。
純粋すぎるヤンキー・森生と、ある理由で恋に臆病になっているユキコ。全く違う世界に生きてきた2人が出会った時、想像もしていなかったラブストーリーが始まる!

番組公式HPより

感想

ヤンキーの森生(杉野遥亮)が可愛い!

まずはこれ。

皆さんはご存じかと思いますが、杉野遥亮さんは「すぎの ようすけ」と読みます。今までもドラマでちらほらお見掛けしていましたが、下の名前がなかなか覚えられなくて…。でもこの役があまりにも可愛いので覚えました。

このドラマ、最初は「ヤンキーが出てくるのかぁ…」とあまり食指が動かなかったんですが、杉咲花さんの“白杖ガール”の方が気になって視聴。

そしたら、ヤンキーと言いつつ悪いことしないし、真面目だし、見た目だけなの??って感じのヤンキーで良かった。(悪いことするヤンキーは腹が立って見てられない)

そして「空町の狂犬」「黒ヒョウのモリ」と並んでヤンキーのあだ名みたいに呼ばれた「白杖のユキコ」が可笑しくてw

花男(戸塚純貴)に「白杖…のユキコさんだよね?」って言われていたシーンです。強そう!

ユキコと森生の身長差が30cmくらいあるので、二人が並んでるシーンでは時々「台乗ってる?」って思っちゃうw

森生がユキコに気持ちを伝えるために「真面目に 気持ち 伝える」と検索して長文のお手紙を書いちゃったのも可愛かったし、最後の花畑でユキコのことを「普通」だと言っていたのも、心の底からそう思ってるのが伝わりました。

あとは弱視の方の見え方を時折挟むのもわかりやすいし、解説コーナーに出てくる芸人の濱田祐太郎さんも面白かった!鼻炎で匂いはあまりわからないってとこ、私は迷わずに笑ってしまいましたw

杉咲さんはもちろん、盲学校の同級生役も田辺桃子さん(本当にカメレオンだと思う!どのドラマに出ていても違う人に見える)・細田佳央太さん(『ドラゴン桜』の健太)と、実力派の若手で安心して見られるのも良い。

第2話も楽しみです♪

第2話「今日会いたい」あらすじ&感想

あらすじ

クリックで開きます

映画を観に行くため、待ち合わせ場所に向かっていたユキコ(杉咲花)は、いつもの道で森生もりお(杉野遥亮)に再会する。すっかりユキコになつき、嬉しそうな森生。そんな中、一緒に行くはずだった同級生のそら(田辺桃子)から風邪をひいたと電話が入り、急遽予定はキャンセルに。家に帰ろうとするユキコに、森生は自分と一緒に映画に行こうと提案する!男子と2人で映画を観ることに抵抗を覚えつつ、森生に押し切られたユキコは2人で映画館へ。

カップルたちに混ざり、売店で飲み物を注文するユキコ。メニューの読めないユキコが周囲に迷惑をかけないよう素早く定番メニューを注文する中、森生は意外な方法でユキコの世界を広げて行く……!

その頃、森生から約束をドタキャンされた花男はなお(戸塚純貴)草介そうすけ(堀夏喜)は、いつもの喫茶店に集合。あかね(ファーストサマーウイカ)の姪・ハチ子(生見愛瑠)は、森生がユキコと映画に行ったことを知り、面白くない態度を見せる。花男はハチ子の恋心を確信するが……。

一方、映画館ではユキコの大好きなゾンビ映画が始まる。ぎこちない2人の映画初体験には、想像を超えるドキドキと胸キュンが詰まっていた!

その帰り、すっかり打ち解けた2人は、なんだかいい感じに。先入観のない森生と過ごすうち、ユキコにも自然に笑顔が溢れる。しかし、森生から連絡先を交換したいと言われてスマホを出したその時、2人の様子を影から見ていたハチ子が割って入る!

ハチ子の心無い言葉によって森生との間に再び壁を感じたユキコは、「私の気持ちなんてわかるワケないんだよ!」と、森生に告げると、その場を去ってしまう。

さらに、森生をよく思わないイズミ(奈緒)は、妹を心配するあまり、ユキコに近づかないよう森生に釘をさす。動き出したかに見えた2人の恋。その先には高い壁が立ちはだかっていた!

番組公式HPより

感想

映画館で飲み物と食べ物を注文するシーン。いつもユキコが諦めていることを自然にやってのける森生がかっこよく見えました!(無意識だとしても)

森生が何かやらかした時に自分に向ける言葉が可笑しくて。素直で好きです。

今回はポップコーンを買ってしまった時に「すいません!俺はなんて気が利かねえんだ!」って。気が利かなくて申し訳ないって思った時、こんなに明るく言われたら相手も気まずくないかなーと。(私は気が利かない自分が恥ずかしくて黙ってしまうと思う)

森生のセリフでは他に

「白杖と点字ブロックってやつがユキコさん守ってくれてんだよ。発明してくれた人まじありがとう」

も好きです。

ユキコも目が見えなくなる前は結構無鉄砲だったみたいですが、弱視になってからは「失敗しないように」「人に迷惑をかけないように」と慎重になってしまっていたようですね。

ハチ子(めるる)はね…。嫉妬しちゃうとこまでは可愛いけど、「私も白杖持ちたいな~」はダメでしょ。さすがにかまってちゃんが過ぎるし、人の気持ちを考えられないのは幼児でもあるまいし、若いから許されることじゃないです。ダメ、絶対。

ユキコ関係なしにしても、森生とは合わないような気がするよね。

んで、獅子王(鈴木伸之)がまた良いヤンキーなんだねw

鈴木伸之さんは今『ラジエーションハウスⅡ』で医者役をやってますよね。そのギャップが激しくて「大丈夫かな?!」と思っちゃう。(なにが)

「良いヤンキー」っていうのが自分で言っておいてよくわからないけどw、3話の予告で森生が無職らしいと判明したので、とりあえずヤンキーをやめて普通に就職してほしいです…。(無邪気なとこがいいところでもあるんだけど、社会人な森生が想像できなくてつらい)

第3話「俺の声届きますか?」あらすじ&感想

あらすじ

クリックで開きます

森生もりお(杉野遥亮)と会っているところを見つかり、姉・イズミ(奈緒)の怒りを買ってしまったユキコ(杉咲花)。心配性のイズミは、無職でヤンキーの森生がユキコに近づくことに猛反対。姉妹の間には険悪な空気が流れる。

そんな中、聴覚に頼ることが多いユキコにとって、背の高い自分の声が届きにくいことがストレスになると知った森生は、なんとかユキコとの身長差を縮める手立てはないかと考える。花男はなお(戸塚純貴)たちとの会話からあることを思いついた森生は、早速ユキコの家にプレゼントを届けに行くが……。森生が玄関に置いたプレゼントは、ユキコの父・誠二せいじ(岸谷五朗)が気づいて家に持って入るが、なぜか、別れた元彼からイズミへのプレゼントだと勘違いされてしまう。その中身は、赤いハイヒール。照れながらも嬉しそうなイズミの様子を、何も知らないユキコは微笑ましく思うが……。

翌日。森生に会ったユキコは、ハイヒールが自分へのプレゼントだったことを知る。プレゼントに込められた森生の一途な思いを知り、素直に嬉しいユキコ。なんとかイズミからプレゼントを取り返そうと考える。
そんな矢先、いつもの喫茶店に溜まっていた森生のもとに獅子王ししお(鈴木伸之)が現れる。店内に緊張が走る中、獅子王が切り出したのは、なんと「就職する」という報告で……!?突然の正社員宣言に一同がどよめく一方、獅子王の姿に刺激を受けた森生は、自分もちゃんと働くことを決意!しかし、ヤンキーの森生には厳しい現実が待ち受けていた……。

そして、赤座家では、ハイヒールを巡って新たな問題が勃発!ユキコに危険な思いをさせる森生が許せない心配性のイズミと、森生との出会いで新しい世界を知り始めたユキコ。お互いの幸せを思うが故に、姉妹は激しく衝突してしまい……。

番組公式HPより

感想

森生は毎回何かやらかすんですかねw

今回はユキコに10cmヒールの靴をプレゼントして、後から

「あ~~!俺はなんてバカなんだ!ユキコさんあんなヒール高ぇ靴危ねえだろうが!!」

とジタバタしていました♪

いちいち口に出して全部言うところ、気づいて悔いるところが毎回可愛い。確かに10cmのヒールなんて目が見えてたって危ないけど、こんなにまっすぐな気持ちなら悪い気はしないですよね。声が聞こえるようにって考えてくれたものだし…。

靴に合う服がほしいと言うユキコも可愛かったです♪

そして、面接で顔の傷のことを「喧嘩で」なんて馬鹿正直に言っちゃう森生だから心配したけど、無事仕事が決まったのも良かったです!

まさかの獅子王(しいちゃんww)の店で、エアーユキコを案内しているの笑いました。

そして今回はユキコと姉のイズミ(奈緒)が向き合う回でもありましたね。

これはイズミの気持ちがわかりすぎて胸が痛かったです。

お母さんがいない分、弱視の妹を色々なものから守らなきゃって必死だったんですよね。ユキコがそんな姉をちょっと疎ましく思うのもわかります。

最後、一人で洋服を買っているユキコを見ているイズミの優しい眼差し見ました?私は涙でよく見えませんでした。

森生とユキコが良い感じになっていく中、ハチ子(めるる)おまえ!

ハチ子の気持ちもわかるし、めるるも可愛いので、完全な憎まれキャラにはならないと思いますが…!

次回はハチ子のこともあるし、ユキコも仕事で辛い目に遭いそうですね…。あんまり見るのが辛くなる展開にはなりませんように!

 

まとめ

ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』のあらすじと感想を書いています!

第1話から最終話まで、どうぞお付き合いくださいませ♪

 

▼2021年秋ドラマの視聴率一覧はこちら▼

2021年秋ドラマ視聴率一覧【民放ゴールデン・プライム帯ドラマ】ドクターXがやっぱり強い 2021年秋(10月期)ドラマ 視聴率一覧 民放ゴールデン・プライムタイム(19時~23時)放送の視聴率一覧です♪ ...