あらすじ・感想

『ラジエーションハウスⅡ』第1話・第2話 あらすじと感想【本田翼の演技】

2021年秋の月9ドラマ『ラジエーションハウスⅡ』のあらすじと感想です♪

『ラジエーションハウスⅡ』第1話 あらすじ

五十嵐唯織(窪田正孝)は、「写真には必ず真実が映る」と信じる診療放射線技師。アメリカで最も権威ある放射線科医・ピレス教授から才能を認められた唯織は、ずっと思いを寄せていた幼なじみの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用された。

医師免許も持つ唯織は、その天才的な読影能力を発揮すると、新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)や、放射線技師長の小野寺俊夫(遠藤憲一)ら『ラジエーションハウス』の仲間たちと力を合わせ、数々の患者の命を救った。

ピレス教授から、人工知能を使った読影補助ソフトの開発プロジェクトに誘われた唯織は、渡米を決意し、仲間たちに別れを告げた。杏は、そんな唯織に「あなたが手出しできないくらい優秀な放射線科医になってみせます。だから……必ず戻ってきてください」と約束する――。

その約束から2年後。プロジェクトがひと段落した唯織は、日本に帰国し、甘春総合病院への復帰を望んでいた。だが、甘春総合病院は、院長だった大森渚(和久井映見)が研究目的で唯織と同じワシントン大学に移ると、後を引き継いだ新院長の灰島将人(髙嶋政宏)が病院の合理化を実施。放射線科医はいらないと言い出して、読影はすべて外部の『遠隔画像診断センター』に委託してしまう。それに伴い、ラジエーションハウスも規模を縮小され、黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)は、甘春総合病院を辞めてそれぞれ別の病院などに転職していた。

ある日、ヴァイオリニストの宝生真凛がリサイタル中に倒れるという事態が起きる。客席にいた灰島は、彼女を甘春総合病院へと救急搬送する。
一方、ラジエーションハウスで田中福男(八嶋智人)らと働く裕乃は、最近様子がおかしかった小野寺が認知症予備軍と診断されたことを知り、たまきや軒下らに助けを求める。小野寺が今まで通りに仕事を続けていくためには周りのサポートが必要、と考えたからだった。しかし、たまきたちの反応は冷たく……。
同じころ、唯織は、杏の父親でもある元院長の正一(佐戸井けん太)を訪ねていた。そこで唯織は、杏がすでに甘春総合病院にいないことを知る。

そんな折、仕事を終えて帰路についた杏は、妊娠中の森迫由美(森カンナ)が腹痛に襲われ苦しそうにしているところに遭遇する。由美は、かつて唯織たちがその命を救った世界的な写真家・菊島亨(イッセー尾形)の娘だった。そこに唯織が現れ……。

番組公式HPより

ストーリー完全版はこちら

『ラジエーションハウスⅡ』第1話 感想

唯織と杏の再会のシーンは、患者(妊婦)そっちのけで「トクン…」って聞こえてきましたw

前シーズンと違って、いつの間にか杏の方が唯織LOVEみたいになってましたね。

バラバラになっていたラジエーションハウスの技師たちもあっという間に戻ってきたので、バラバラになってた意味…と思いました。

新院長・灰島(髙嶋政宏)による横暴な合理化を際立たせたかったのかな。でも前シーズンを見ていない人には最初バタバタで人もたくさん出てきたので、ついてこられるのかなと勝手に心配になりました。

技師長の認知症疑惑

小野寺技師長の認知症疑惑で裕乃が新しい職場まで訪ねただけでは誰も戻ってこなかったのに、唯織が甘春病院に帰ってきた途端戻ってくるなんてひどい…って思ったけどw、一応みんなそれぞれ飲み屋さんで技師長のことを話していたから…気になっていたところにたまたま唯織が帰ってきたのだと思うことにします。

そんな技師長、認知症じゃなくてビタミンB1不足でしたねw

このシーン、技師長の瞳が揺れていたの見ました??演技で瞳って揺らせるものなのかしら…?だとしたらすごすぎます!!

とりあえず治療すれば治ると言っていたので良かったです!早々に退場しちゃうのかと思いました。(『ドクターX』も始まるしね)

 

妊婦さん

妊娠がわかる前に旦那さんが事故で亡くなるという辛い設定。

それなのに「赤ちゃんさえ無事なら自分はどうなってもいい」と言うシーンにはちょっと違和感が。赤ちゃんは産んで終わりじゃないからね!

結局無事に生まれたし(バタバタ動いてたのがめっちゃ可愛かった!)、妊婦さんも杏の手術で助かったので良かったけれど。

 

バイオリニスト

技師長と妊婦さんで時間を使いすぎた?

田中みな実演じるバイオリニストは登場が華々しかった割には治療や手術のシーンもなく、田中みな実がぼーっとしてるうちにあっさり終わってしまいましたね。

いつも眠たそうな顔に見えるので、今回の役は合っていたように思います。

顔に脳の映像が重なる演出もシュ~ル!

弓を動かして音を鳴らしている田中みな実もすごいけど、こんな位置で弦を押さえられるのすごすぎ!

本田翼の演技

さすがの透明感。画面に出てくると華がある。とにかく可愛い!

だけど演技はやっぱり…。シーズン1の時も最後まで医者に見えなくて困りました。

滑舌なのか発声なのか、台詞のリズム感がなんかおかしい?訛っているわけでもないのですがね…。

並木道で話しているシーンでは鈴木伸之までおかしな感じがしました。(謎!)

でもとにかく可愛かったので良いですw

沢口靖子的な感じで、はまり役に出会えたらずっと活躍できそうな気もします。

 

唯織が技師にこだわっている理由

医師免許を持っている唯織があくまでも放射線技師として勤務しているのは、杏が放射線科医で、唯織はカメラマン(放射線技師)になるという、子供の頃に杏と交わした約束のせい。

シーズン1でもずーっとそれが腑に落ちなくて、「そんなにしゃしゃりたいなら医師として勤務して!」って思ってました。

でも1では医師免許を持っていることは大森院長しか知らなかったので仕方ないかなと思っていたけれど、今シーズンでは周りも唯織が医師免許を持っていることを知っています。

なのにやっぱり技師にこだわり、でもやっていることは医師。今回も杏が来なかったら自分で手術しようとしていたし。そんなに!しゃしゃりたいなら!医師として働けー!!!

 

 

『ラジエーションハウスⅡ』第2話 あらすじ

唯織(窪田正孝)たちのもとへ、陸上大会中にてんかん発作を起こして転倒し、頭部を強打したという12歳の小学生のCT検査依頼が入る。その小学生・速川走太(長野蒼大)は、ともに陸上のオリンピック選手だった一郎(眞島秀和)と叶恵(入山法子)を両親に持ち、ひとつ下の妹・花恋(白鳥玉季)とともに数々の大会で優勝するなど、日本陸上界の未来を担う才能として注目されている選手だった。

走太は、てんかんの治療中で、以前から甘春総合病院の脳外科に通院していた。走太のCT画像を読影した杏(本田翼)は、薬物療法が上手くいかなくなっているため、外科手術を選択する可能性に言及する。そこで唯織は、少しでも治療の選択肢を増やすために、詳しい検査をしてはどうかと提案するが……。

同じころ、裕乃(広瀬アリス)は、庭木の手入れ中に転落したという患者・柳田哲平(きたろう)の検査を担当する。だが柳田は異常もないのに、いちいち大げさに騒ぎ立て、裕乃を困惑させる。「世の中には、どうしても治したくても、治せない人だっているのに…」。そんな世の中の不条理に憤りも覚える裕乃だったが……。

番組公式HPより

ストーリー完全版はこちら

『ラジエーションハウスⅡ』第2話 感想

てんかんを患っている少年

速川走太っていう名前がもう…

 

これはドラマだけど、特定のスポーツや職業を連想させる名づけってどうなのって思っちゃいます。

妹は「花恋」なのにね。

てんかんを繰り返すと脳に負担がかかるというのに、「走れなくなるなんて言語道断!」と手術で治る可能性があることを親の判断で子供に伝えないとか。

幼児ならともかく6年生だったよね。

ドラマだから父親が改心するのも早かったけど、毒親だよな~って思いました。(『ドラゴン桜』のバドミントン親父もそうだった)

毒親のセリフあるある

「子供のことは親である自分が一番よくわかっている!」

これ。

どうしてそう信じて疑わないのか。幼児ならともかく6年生だよね?(2回目)

心の中で思ってるだけならまだしも、人に言い放っちゃうからね。やばすぎる。

「努力は絶対に裏切らない」というのも、走ることに関してはそうなのかもな。

でも「てんかんは努力でどうにもならねーよ」って子供も困ってたじゃん。

父からのメッセージいらねー!! 

てんかんで苦しむ子供の気持ちを1ミリも考えてないような父親なのに改心早すぎて。まぁドラマだからな~と思った1時間でした。

走太役の子はとても上手でしたよね。これから注目します!

▼走太役の長野蒼大くんとは?!▼

子役の長野蒼大(ながのそら)くんに注目!『ラジエーションハウスⅡ』第2話でてんかんを患う走太役を熱演!2021年10月11日に放送された『ラジエーションハウスⅡ』第2話に速川走太役で出演した子役の長野蒼大(ながのそら)くんをご覧になりまし...

甘春杏(本田翼)

病気の説明しないで~w

ただでさえ難しいのに、発声と独特のリズムが気になって内容が頭に入ってきません。言ってるご本人も理解していないんじゃ…?と思ってしまうような言い方。

バラエティでの本田さんは自然でめーっちゃくちゃ可愛いのに。

唯織に恋の宣戦布告をした辻村先生(職場で何やってるん)から美術館デートに誘われ、結局デートはできなかったけど、そのまま上手くいってお二人でフェードアウトでも良いのですよ。

唯織にはひろの(広瀬アリス)の方が合ってる気がするし。

でしゃばり放射線技師

だから!そんなに患者と関わりたいなら医師になれ!

そしたら灰島院長だって文句言わないから!!

真剣に患者に向き合う姿はかっこいいんだけど、医者でよくね?やっぱりシーズン2もそればっかり思うことになりそう。

違うドラマの某薬剤師の彼女はあくまでも薬剤師だから「引っ込んどれ」と思うだけだったけど、唯織は無駄に医師免許を持っているだけに、もどかしくて仕方ありません。

チンパンジーひろの

これは、ひろのがやる気をなくしても仕方ないと思いました。

あんなおじさん(失礼)に別の名前で呼ばれるだけでも気持ち悪いのに、それがチンパンジーとか…。

「検査怖い」とか言われたらゴミを見るような目で見てしまってもおかしくないよ。

子供なのに検査を頑張ってる走太くんに入れ込んでしまうのも致し方無いでしょう。ひろのは悪くありません。

 

『ラジエーションハウス2』ロケ地・撮影場所【甘春総合病院はどこ?】目撃情報も♪ 『ラジエーションハウスⅡ』 ロケ地・撮影場所 ドラマ『#ラジエーションハウス2』第1話いかがでしたかɵ...