あらすじ・感想

『真犯人フラグ』第1話【あらすじ(時系列)・伏線になりそうなもの・感想】ネタバレあり

2021年10月10日(日)に第1話が放送されたドラマ『真犯人フラグ』のあらすじと事件の時系列・伏線をまとめました!

1話目から怪しい人満載でしたね~!西島秀俊さんと芳根京子さんが番宣で「1話目からヒントが散りばめられている」とおっしゃっていたので、細かいところまで注目してみました♪

『真犯人フラグ』第1話 あらすじ

まずは公式サイトで公開されているあらすじです♪

中堅の運送会社・亀田運輸のカスタマーサービス部に勤務する相良凌介(西島秀俊)は、妻の真帆(宮沢りえ)、高校2年生の娘・光莉(原菜乃華)、小学4年生の息子・篤斗(小林優仁)の4人家族。一家は団地住まいだが、建築中のマイホームの完成を心待ちにしていた。

ある雨の日、凌介の部署に配達中のトラックが事故に遭ったという連絡が入る。このままでは配達が滞ってしまうため、凌介は事後処理に追われるものの、部下の瑞穂(芳根京子)のサポートで事なきを得る。
その晩、凌介が帰宅すると、家に誰もいなかった。真帆と光莉の携帯に連絡しても、つながらない。3人で映画にでも行ったのか…?凌介は、大学時代の友人・河村(田中哲司)からの誘いを思い出す。凌介たちと同じサークルだった日野(迫田孝也)が店を出したので、開店祝いでサークル仲間が集まることになっていたのだ。凌介は、日野の店へ向かう。

凌介が店に着くと、すでに他の友人たちは帰った後で日野が片付けをしていた。学生時代に戻った気分になり、はしゃぐ凌介と日野。日野は、おどける凌介と写真を撮る。そこに河村も合流。河村は今最も売れている週刊誌「週刊追求」の編集長。
3人で楽しく飲み、深夜、帰宅した凌介は異変に気づく。真帆たちは、まだ帰っていない。すぐさま真帆の母・志乃生(丘みつ子)に連絡するが、3人は実家にも行っていなかった。
夜が明けても、真帆たちは帰ってこない。真帆が出かける前に炊飯器のタイマーをかけていったらしく、前日の夜にご飯が炊けていたと気づく凌介。帰って夕飯を用意するはずだったのだ…!

凌介は警察に届け出る。しかし、家出の可能性もあり緊急性が認められないと言われてしまう。凌介は真帆のパート先や光莉と篤斗の学校を訪ねて周囲の人々に話を聞いて回るものの、手掛かりはつかめない。困り果てた凌介は、河村に相談。事件性を感じた河村は「記事にすれば注目されて警察も動くかも」と、週刊追求で記事にすることを提案。戸惑いつつも、凌介はその提案に乗る。河村の手腕で、真帆たちの失踪は事件として注目され、凌介に同情の声が集まる。しかし、あるSNSの投稿をキッカケに、凌介は“悲劇の夫”から一転、“疑惑の夫”へ…!愛する家族を取り戻すため、“真犯人”と“世間の目”との闘いが始まる―――!!

【以下ネタバレ】クリックで開きます

事件翌日。心配して駆けつけた志乃生に言われ、篤斗に持たせていた見守りGPSの位置を探索。すると、篤斗のサッカー教室を示している…!深夜のサッカー教室へ義父の三郎(浜田晃)とともに侵入する凌介。暗い建物を捜索すると、篤斗のGPSがロッカールームで見つかる。キーホルダーの部分が壊れており、ロッカーには破れたユニフォームの切れ端が…。と、その時、背後から何者かに襲われる凌介!犯人かと思いきや、サッカー教室のコーチ・山田(柿澤勇人)だった。山田は、最近不審者が出ると聞いてパトロールしていたという。山田によると、篤斗はいなくなる日の夕方5時半頃、サッカー教室に忘れ物を取りに来ていたという。
凌介は河村に、真帆たちが失踪したことを相談し、事件当日のことを話す。

その日の夕方、仕事中の凌介に真帆から連絡が入った。凌介が会社帰りに篤斗をサッカー教室まで迎えに行くことになっていたが、サッカー教室が雨で休みになったので迎えに行かなくていいという内容だった。夜7時頃に会社を出た凌介は、家に帰る前に書斎として使っているトランクルームに立ち寄った。一人で読書をした後、9時過ぎにそこを出て、電車で帰宅。いつもと違ったことと言えば、家の最寄り駅に着いた時に見知らぬ若い女性(生駒里奈)に人違いされたことぐらいだった…。

河村は、真帆たちの失踪を実名と顔写真付きでデジタル版の記事にすると言い、凌介は任せることに。少しでも情報が集まり、警察が動いてくれたら…という思いだった。
『炊飯器の謎…幸せ一家の母子3人が忽然と消えた!! 残された夫 悲痛な訴え』というタイトルの記事がネットにアップされる。反響は大きく、“炊飯器失踪”というワードがSNSのトレンドにも上がる。
凌介の上司・太田黒(正名僕蔵)や瑞穂ら部下たちも真帆たちの失踪を知り、凌介を心配する。会社から帰宅した凌介はマスコミに取り囲まれる。「ご飯が炊いてあったんです…いつも通り帰ってきて、家族そろってご飯を食べるはずだったんです…」と涙ながらに訴える凌介。

神奈川県警の刑事・阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健悟)が凌介を訪ねてくる。真帆たちの失踪が騒がれているので、事件として捜査するという。凌介に同情的な落合に対し、阿久津は真剣に捜査するつもりがないようだった。
そんな中、事態は急変する。日野の店で撮られた凌介の写真がSNSで拡散。家族がいなくなった晩に酒を飲んでいた凌介への非難が高まっていく。YouTuberぷろびん(柄本時生)は、動画で凌介の職場を晒し、すべて凌介の自作自演という陰謀論を主張し、「あの旦那が殺したんじゃないの?」と煽り始める。

『真犯人フラグ立った――!』と、ネット上では凌介への攻撃が始まろうとしていた。
ちょうどその頃。家に帰る気になれない凌介は、夜遅くまで仕事を続けていた。そんな凌介を気遣い、一緒に残業する瑞穂。そこに、配送スタッフの鼓太朗(坂東龍汰)が大きな段ボール箱を台車に載せてやってくる。その荷物の送り主は凌介で、宛先不明で戻ってきたという。しかし、凌介には身に覚えがなかった。
凌介は、恐る恐る段ボール箱を開く。中には、『お探しのものです』と書かれた紙。そして、サッカーのユニフォームを着た子供の冷凍死体が入っていた――!

『真犯人フラグ』公式HPより

 

『真犯人フラグ』第1話 時系列

こういうのはまずは時系列にしないと把握できないタイプ。

登場人物たちの言っていることが本当だと仮定した時系列です。時間が不明なものは「・」にしています!

10月15日(金)

8:00前 凌介:家を出る(子供たちはすでに出たあとで家には真帆だけ)

16:12 真帆から凌介:トーク「篤人のサッカー教室が雨で中止になったからお迎えは行かなくて大丈夫」

17:00すぎ 真帆:パート先のスーパーを出る(@スーパーの店長)

17:30頃 篤斗:サッカー教室へ忘れ物を取りに行き、すぐ帰った(@山田コーチ)

19:00 凌介:仕事の後トランクルーム(書斎にしている)に寄る

21:00すぎ 凌介:トランクルームを出る

21:32 凌介:電車のホームで知らない女性から人違いされる

21:55 凌介:帰宅。家に誰もいない

22:45 凌介:日野がオープンしたバー「至上の時」へ(自宅からタクシーで10分ちょいの場所にある)

10月16日(土)

1:03 凌介:帰宅。家に誰もいない。真帆の実家に電話するが、3人は実家にも行っていない

6:00 3人はまだ帰っていない。炊飯器のご飯が炊けて、12時間保温されていたことに気づく。警察に電話。

・凌介:ジョギング中だった真帆のママ友・菱田朋子に声をかけ、真帆と子供たちが昨日から帰っていないことを告げる

・凌介:警察署へ行って失踪者の届け出

・凌介:篤斗の小学校や光莉の高校へ行って聞き込み(土曜日なのに普通に学校やってるみたいだったけど)

・凌介:真帆のパート先のスーパーへ行って聞き込み

・真帆の両親:夜、心配して団地にやってくる

20:15 篤斗の見守りGPSの居場所がサッカー教室と判明(凌介のスマホの画面の時計から時刻判明)

・凌介と真帆の父:サッカー教室に侵入し、山田コーチに見つかる

・凌介:河村から電話がかかってくる

10月17日(日)

・凌介:河村に事情を伝えに行く

10月18日(月)

・凌介:瑞穂に金曜日から妻子と連絡がつかないことを打ち明ける

18:00 『週刊追求』デジタル版で相良家の記事が公開される

19:51 「#炊飯器失踪」でトレンド入りしていることが判明

10月19日(火)

・凌介:妻子が失踪していることを職場のみんなにも知られる

・木幡由実(通称バタコさん)から会社へクレームの電話がかかってくる

・凌介:自宅の団地前でマスコミに囲まれる

10月20日(水)

7:30 昨日の凌介の映像がテレビで流れてくる
神奈川県警の阿久津と落合が訪ねてくる

・You Tuberぷろびん:#炊飯器失踪の考察動画を上げる

・残業中の凌介と瑞穂のところへ大きな荷物が届く。中には10番のユニフォームを着た子供の遺体?

 

真帆たちがいなくなった翌日は土曜日のはずなのに、凌介が聞き込みに行ったら普通に学校が開いていて子供たちもいましたよね…?そこだけ謎なのですが。

詳細な時間は不明ですが、金曜日は光莉も篤斗も通常通りに下校したようです。篤斗はその後サッカー教室に行ったことが山田コーチの証言でわかりましたが、光莉の動きは今のところまったくわかっていませんね!

伏線になりそうな出来事

・実業家・成見沢祐市(78)(通称:エリンギ王)が神奈川県内の自宅の階段から落ちて死亡したというニュース
→ 河村によると、妻と愛人が遺産目当てのグルだった・サンタのコスプレは普段着w・「えのき媛」という風俗嬢が絡んでいるらしいw 事件には無関係かな?

・幸せそうな相良家を見て自分も結婚を決めたという相良家の新築住宅を担当している営業の林
→ 表情が怪しかったですよね~。猫おばさんが来た時も。

・新築建設予定地の近所に住んでいると思われる猫おばさんが言った「何もないといいけどね~」
→ いわくつきの土地なのかな…

・家族がハマっているアニメ「シベツ」
→ 「シベツ」の映画を、土日のどっちかで家族で見に行こうと言っていました。声優さんが豪華!↓↓

・瑞穂が凌介に貸した亀のマークがついたボールペン
→ You Tuberぷろびんが凌介の職場を特定する鍵になってましたね。これはこれで伏線回収?

・凌介の学生時代のサークルは文芸サークル。河村の作品『蠢く臍の緒』。凌介には小説の才能があるらしい
→ 『うごめくへそのお』とは奇抜なタイトルですが、伏線なんでしょうかw
凌介に小説の才能があるというのは伏線になってる気がします。全部凌介の筋書きだったとか。あるいは真帆と子供たちみたいな素敵な家族がいるというのは凌介の妄想だったとか。真帆たちは本当は別の誰かの家族で、凌介が勝手に自分の家族だと思い込んでいる…とか…さすがにないかw

・凌介の電話帳に菱田朋子の名前
→ ご近所とはいえ、妻のママ友を電話帳に登録してるのは違和感があります…

・朋子と真帆が金曜日の朝にゴミ捨て場で注意された池上さん
→ 真帆による池上さんの物真似「パァンの袋についているシールは…」が可笑しくて何回も見ましたw
池上さんは303号室。相良家の真下の住人なので騒音などで腹を立てている可能性があります。篤斗くん活発そうだしね。

・朋子の息子の清明
→ 篤斗に比べるとおとなしそうで、陰気な雰囲気もある少年。

・意味ありげな朋子の表情
→ 凌介が去ったあと、怒ったような怖い顔してましたよねー。連絡が取れないと聞いた時の反応は本当にびっくりしていたようでしたが…

・「金曜日は遅番」だと言っていた真帆だけど、その日は早番だったことが判明
→ しかもいつもは買い物してから帰るのに、まっすぐ帰ったらしいじゃないですか。篤斗のお迎えを凌介に任せてまで(雨でなくなったけど)、真帆はどこへ行った(行くつもり)だったのでしょうか!

・不審者が出るからとパトロールしていたサッカー教室の山田コーチ
→ いくら不審者が出るからといって、警備員でもない、いちコーチが夜の教室の見回りなんてする??そもそも不審者って何だろう。これも伏線?
コーチは篤斗が金曜日の17時半頃忘れ物を取りに来たと言っていたけど、信用できるのかなぁ。凌介がロッカーで見つけたユニフォームの切れ端のことも「子供はよくフェンスとかに引っかけるから…」と言っていましたよね。

・凌介を「先生」と人違いした若い女性
→ 「先生!ひどいですよ、酔っ払って駅に放置とか!らっきょう。どうしました?持って帰りました?」と言っていました。意味がわからないけど、内容には意味はなくて、その時手前にいた黒っぽい服装の人が二人にインカメラを向けていたような?そっちの方が重要ですよね。

・プロキシマの橘社長
→ 会社で「炊飯器失踪」のワードが出た時に反応していたし、その後スマホを見て顔色を変えてましたよね。橘社長と凌介に人違いをした若い女性が繋がっているような気がします。

・新築建設予定地で撮った家族と林の写真
→ 営業の林さんが一緒に写ったことが何かポイントになりそうです。同僚に「これ…お前?」と言われて、普通ならもっと驚きそうなのに無言で無表情…でしたよね。

・月曜日、凌介にいつものハッピーオーラがないことにすぐ気づく太田黒部長
→ 何かと凌介に突っかかっているから嫌いなのかと思いきや、凌介の変化にいち早く気づく存在でもある。正直きもい。

・瑞穂は関西出身
→ 1話目で(早い段階で)関西出身だと明かしたことが、後々何か関係してくるような。

・クレーマー木幡由実(通称バタコさん)
シシドカフカさんみたいな声だなーと思いました。クレームの内容は「隣のマンションの配達が雑。台車でゴロゴロ。手で持って丁寧に運びなさいよ。」とのこと。最後に鼓太朗くんが凌介宛に戻ってきたという荷物を運んできた時も台車でゴロゴロだったから、何か関係があるのかなと思いましたよ。

・刑事2人組
→ ネットで話題になってしまったから仕方なく捜査にやって来た神奈川県警の刑事たち。凌介がトランクルームにいたという2時間以外に怪しいところはない、との判断でしたね。逆に言うと2時間も怪しい時間がありますよねー…。

日野が店のSNSに上げた凌介の写真
→ 文豪の物真似とかして爆笑しながら撮っていた楽しそうな写真。この写真で「家族が消えた夜に酒飲んでる」「家族がいない時間が至上の時?」「なんで家族がいない日にこんなに笑っていられるの?」とネットの風向きが変わりました。日野が犯人だとしたら意図的に撮った可能性も?

・(株)児嶋チルド食品
→ 鼓太朗が「宛先不明で返送されてきた」と持ってきた荷物の宛先がこの会社でした。ちなみに住所は栃木県宇都宮市。

・鼓太朗が瑞穂を見る視線
→ なんか意味ありげな表情で瑞穂を見ていましたよね。ただ「好意がある」だけの可能性も大w

 

『真犯人フラグ』第1話 感想・考察

凌介がのんきすぎる!!!

放送前に第1話のあらすじを読んだ時にもそう思いましたが、放送を見ても考えは変わりませんでしたw

真帆の両親もそう思っていることが随所に見受けられましたよね。義母に言われるまで篤斗の見守りGPSの存在を忘れていたり、サッカー教室の鍵をほっそい枝でピッキングしようとしているのを見てやれやれと言わんばかりにガラスを割った義父など。

でも勝手にガラス割っちゃってどうすんだろ。と思っていたら、義父がコーチに「ガラスは弁償します」と言っていたのが可笑しかったです。地味だけどちゃんと回収してるw

そして週刊誌の編集長をしている親友の一存で失踪事件を記事にしてもらい、早速「#炊飯器失踪」がトレンド入りした時も

凌介「これだと炊飯器が失踪したって思われないかな?」ww

って、確かに思ったけど、心配するとこ、そこ????

優しいマイホームパパなんだけど、なんかちょっとずれてる。でも真帆はそんな凌介のことを心から愛してるって感じがしたけど…。

やっぱり早番なのに遅番だと言っていたのが気になりますね。早番で帰りが17時過ぎということは、遅番だったら20時とかになるのかな。。篤斗はまだ小4だけど、晩ご飯はどうしていたんだろうね?18時にご飯が炊けるように炊飯器をセットしていたから、凌介がサッカー教室に迎えに行っていたとしたら、凌介がおかずを作るなり温めるなりしていたのかな。

いやでもさ、お迎えに行かなくていいことになった凌介は、子供たちのご飯のことなんて考えずにトランクルーム(書斎)に向かったんだよねw

え?

この家族、普段どんな生活をしていたんだろう?

仲良さそうに見えたけど、自分が遅番のパートの日に夫が子供たちの面倒を見ずに書斎にこもってたら腹立つよね。

しかも!

映画「シベツ」は土日にみんなで行こうって言っていたのに、凌介が帰ったら誰もいなくて、そうか、「シベツか!」ってなる?

「シベツか!」じゃないよ!みんなで、って言っていたのに3人で勝手に行っちゃうような家族なの?

本当はかなりすれ違っていた4人だったりして。

それも4人それぞれすれ違っていて、失踪した3人はなんとなく一緒にいるのかなって思っていたけど、バラバラの可能性もある?

最後の子供の遺体は本物じゃないといいな…。

3人とも生きているに一票。希望。

 

ドラマ『真犯人フラグ』登場人物一覧|情報追加中!怪しい人物ランキングも♪ 毎週日曜よる10時30分放送中! 『真犯人フラグ』 ドラマ『真犯人フラグ』に出てくる登場人物を一覧にしました♪ 各...

 

「あなたが真犯人ですか?」の動画を考察!ドラマ『真犯人フラグ』2021年10月10日スタート!ドラマ『真犯人フラグ』の公式サイトで配信されている「あなたが真犯人ですか?」という動画をご存じですか? ...