あらすじ・感想

『真犯人フラグ』Huluオリジナルストーリー「週刊追求PREMIUM」の内容は?

ドラマ『真犯人フラグ』のHuluオリジナルストーリー「週刊追求PREMIUM」の内容と感想を書いています。

「週刊追求PREMIUM」はHuluで視聴できます♪

本編にも出演している「週刊追求」の記者とカメラマンの二人が注目の人物にインタビューをするという内容になっていますね。

本編では描ききれない疑惑の人物の素性に迫る!

20分弱のストーリーですが、見どころがぎゅっと詰まっているので面白いですよ♪

それでは早速一人目から見ていきましょう~!

人物ファイル#01 橘一星

あらすじ(ネタバレ)

橘一星(たちばないっせい)
  • 23歳
  • 東京大学経済学部4年
  • 2年前にITベンチャー企業「プロキシマ」を設立
  • オンラインサロンの会員数約500人

プロキシマは副業したい人ピンポイントで業務をアウトソーシングしたい企業をマッチングさせる会社らしいです。

週刊追求の記者が橘一星にインタビューする形で、光莉との馴れ初めが語られます…

あんバターフランスって美味しそうだけど、バターが固形のまま挟まってるよね…?どんな味なのか食べてみたい…

一星と光莉が仲良くなったきっかけは光莉のストーカー。

学園祭の準備で帰りが遅くなった光莉に忍び寄る眼鏡の男。名前は「籾山 大(もみやま だい)」。

→ 本編の第7話で再び登場!

パン屋に駆け込んだ光莉が怯えていると、一星登場。ストーカーの存在に気づき、光莉の手を引いて店を出ます!

そしてストーカーに明るく挨拶!

「こんばんはー!この子俺の彼女なんで、二度と近づかないでもらっていいですか?」

ストーカーの写真を撮って、写真1枚で個人情報何でもゲットできるんだぞ的な脅しをして追い払いますが、その写真がブレッブレで全然使えるものじゃなかったってことで二人で大笑い。

光莉を家まで送り、最後にあんバターフランスを手渡し、「怖いことがあった時くらい甘えな!」

光莉「きゅん!

ヤバイヤバイヤバイヤバイ

ヤバイヤバイヤバイヤバイ」

「やばいやばい」の声が一星と話すときより1オクターブくらい低かったw

家に帰った光莉は速攻友人たちにLINEで報告。そこで、これからも一星に会う口実としてあんバターフランスを50個渡すことに決めたようです。

そんなわけで週3で会うようになった一星と光莉。

「週刊追求」カメラマンの両角さんはああ見えて甘いもの系男子らしく、あんバターフランスがそんなに美味しいのか気になっちゃった。私も気になってる。

一星によると、実は光莉は色々なことに悩んでいたそうです。

♪光莉のお悩み一覧♪
  • 前髪を切るかどうか
  • 体重が増えてきた
  • 携帯の反応が悪い
  • 脱毛に行ってみたい
  • テストの点数が上がらない
  • 友達の彼氏がマジ変なやつ
  • 食欲が止まらない
  • 友達のSNSが病んでる

平和なお悩みを話している光莉が可愛かった♪一星の反応は全部「そっかー」ww

光莉は一星にベタ惚れだったようで、学校でも一星の話ばかり(友達談)

あんバターフランスを渡している4ヶ月の間に何回も告白したらしいけど、その度に振られていたようです。

一星に「光莉ちゃんまだ高校生だし、普通に考えてムリでしょう」と言われて、手をくるっとさせて「いや、そのムリがムリなんで」が可愛かった!!!

一星に渡すあんバターフランス残り14個

自分の悩みを話すのをやめた光莉。一星の話を聞きたいと言い出しました。

残り7個

一星のお母さんが定食屋をやっていることを聞きます。

残り3個

音信不通だった父親から連絡があったことを光莉に話す一星。

一星の母親がやっている定食屋「やさしいごはん すみれ」を探し出した光莉。これほんとにどうやって?オリジナルストーリーの中でも光莉がどうやって定食屋さんを探し出したのかは謎です。

最後の1個

一星の母親に会いに行ったことを伝える光莉。

「おめえがいなくたってこんなに立派に育ったんだぞ」ってのはお母さんの言い方そのまんまだったw

これで会う口実なくなっちゃったな~と寂しそうに去ろうとする光莉の手を掴み、「口実なんていらない、俺たち付き合おっか」とキメる一星。

「何回振ったと思ってんの…」って泣きながら言う光莉。

この短いストーリーの中で、光莉はずっと可愛いなぁ!!

二人が付き合い始めて、夏の終わりごろ。光莉には誰に相談したらいいかわからない悩み事があったようで…。

ー 完 ー

感想

夏の終わりごろに光莉が悩んでいたこととは…。

失踪に関係ありそう?

でも3話で一星が凌介に接触してきた時には光莉の悩みについては何も言ってなかったよねー

それに、光莉が凌介のことを悪く言っていたこともないと言っていました。

失踪に関係あるとしたら他の家族のこと?

「シベツ」の登場人物だと思われる“むかわちゃん”も気になります。単なる雑談なのかな。

とにかく一星がかっこよく、光莉が可愛かったw

人物ファイル#02 菱田朋子

あらすじ(ネタバレ)

凌介に異様に接近する女・菱田朋子

菱田朋子Profile
  • 5年前に離婚し、息子の清明を一人で育てるシングルマザー
  • 職業:整体師
  • 実家の家族は両親に弟と妹が一人ずつ
  • 父親は鍼灸師

離婚した元夫は「冨樫せいいち(尾上寛之)」。朋子が勤めていた整体院の院長で10歳年上です。

二人が恋に落ち、清明ができるまで一瞬だったためw、朋子は相手がモラハラ気質だということに気づく間もなく結婚してしまったそうです。

この頃の朋子は明るくて優しくて、後輩の女の子からも慕われる素敵な女性だったんですねぇ。

結婚後、小さなことでネチネチ嫌味を言ってくる夫に、最初は言い返しもしていた朋子だったけど、人格や親まで否定され、だんだん目が死んでいきます…

そんなある日、朋子は夫と後輩の女の子が不倫していることを知ってしまいます。

明るくて優しくて何でも持っている朋子に憧れていたその後輩の子は、朋子が夫からモラハラされているところを見て、「朋子さんでも悩みがあるんだ…なんだ、普通の人じゃん♪」と嬉しくなっちゃって、朋子に勝ちたくなり、朋子の夫を唆し、不倫に持ち込んだようです。

怖いけどね。もっと怖かったのは朋子w

朋子は夫と離婚するために後輩を利用することにします。プライドが高いため、相手から別れを切り出されると取り乱すモラハラ夫。でも朋子は後輩を使って浮気の証拠を集め、離婚にこぎつけました。

自由になった朋子は、今や愛する息子のためなら何でもできるのです…

感想

怖い怖い。

朋子に憧れて夫を勝ち取った後輩の子もまた、結婚後モラハラされてるっぽいですね。彼女に関してはざまーみろとしか思えませんが。

離婚後、団地に引っ越してきて、相良家と家族ぐるみで親しくなった朋子。

ちょっと抜けてるけど優しくて家族思いの凌介にロックオン…?

朋子が真帆に憧れてるのは最初からなんとなくわかったけど、服や持ち物を真似したり、それを隠すことなくインスタに上げていたりと、真帆はその異常さに気づいていたのかどうなのか。

何でも持っている(特に優しい夫)真帆に憧れ、凌介を奪いたいという気持ちはあったのかもしれないけど、家族を壊すきっかけをわざわざ作ることまではするかなぁ。やっぱり朋子は失踪事件には関わっていないのではないか。

ただ、3人が失踪して一人になった凌介をここぞとばかりに奪いに来ているだけだと思います。

それでも十分異常だし怖いけど!

まとめ

この記事では、Huluオリジナルストーリー「週刊追求PREMIUM」のあらすじと感想を紹介しています!

第1回目は橘一星。

光莉がストーカーから助けてもらったり、色んな悩みを聞いてもらってるシーンを見ると、「たすけて」と送る相手が父親じゃなくて一星だったのも納得。(本当に光莉が送ったのかは不明ですが)

一星は私の中の「怪しい人リスト」から外れました。これで悪い奴だったら凹みます…

実はストーカーとグルだったとかね…。凹む。

第2回目は菱田朋子。

朋子の、怖いんだけどもっと話を聞きたくなるような話術?どんな人なのかもっと知りたくなるような怪しい魅力…。

朋子の話を聞いている「週刊追求」の人たちのリアクションも面白いので是非見てほしいw

 

菱田朋子の魅力全開!w
Huluオリジナルストーリー「週刊追求PREMIUM」を見る


2週間無料でお試しできます♪ 

→スマホでも簡単♪Huluの登録方法はこちら

 

ドラマ『真犯人フラグ』時系列まとめ【第1話~最新話まで】『真犯人フラグ』の事件を時系列にまとめました。 場所が「至上の時」の出来事には、書いていませんが日野がいます! 2003年12月...