あらすじ・感想

『真犯人フラグ』冷凍遺体の謎【遺体の特徴/身元/発送者は誰?】まとめ【ネタバレあり】

ドラマ『真犯人フラグ』に登場する衝撃的な「子供の冷凍遺体」。

この遺体ですが、1話で出てきて以来、ずーーっと身元が不明なままなんですよね。

こんなに引っ張るということは、この身元が判明したら失踪事件はほぼ解決なのでは?

改めて冷凍遺体の謎をまとめてみました!

【第13話で判明したネタバレを追加しています!】

▼各話の主な謎と人物別の動きや考察はこちら▼

『真犯人フラグ』考察&感想
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
第11話&第12話

 

冷凍遺体の特徴

  • 年齢は10歳くらい
  • 頬にほくろ
  • 腹部と後頭部に打撲の痕。腕に擦過傷。直接の死因は内臓損傷
  • 青色のユニホームを着用

ユニホームは一般的な練習着で年間200枚ほど流通。フリマでの転売も多く、購入者を絞るには時間がかかると2話の捜査会議で言っていました。

その後ユニホームの購入者が特定できたという情報はありませんね。

 




遺体の身元

  • DNA鑑定をしたけど身元は不明
  • 司法解剖の結果、少なくとも5年は冷凍されていた
  • もし生きていれば今15~16歳。
  • 5~8年前に行方不明になった子供を持つ保護者に確認
    → 身元は判明せず
  • 虐待の被害者の可能性も視野に入れて児童相談所にも当たる
    → 有力な情報なし
  • 中村充が遺体の確認に来る
    → 心当たりがありそうな反応

こんなに身元が判明しないなんて、もともと出生届が出されていない無戸籍の子供なのかなと思ってしまいます。

生きていれば15~16歳ということで、光莉と同じくらいの年齢であることから、警察は光莉が何らかのトラブルを抱えていた可能性を考えていましたが、凌介は否定していました。

ただ、6話で凌介は真帆が10年前に光莉のお受験のことでママ友から嫌がらせを受けていたことを思い出しましたよね。

これが冷凍遺体に関係あるのかはわかりませんが、凌介が知らない(覚えていない)トラブルを真帆や光莉が抱えていた可能性はありますね。

また、9話で中村充が「行方不明になった息子かもしれない」と冷凍遺体の身元を確認しに警察にやってきました。

その場では「違った」と言っていましたが、明らかに動揺していましたし、その後バタコに「まだ罪は償える」と言っていたことから、この冷凍遺体はバタコが殺害したものと推察します。

しかし冷凍遺体がバタコの子なのか、中村充の子なのか、二人の子なのかは謎です。

配送について

配送日

  • 荷物の受付日:10月18日
  • 配達指定日:10月20日
  • 凌介のところに宛先不明で返送されてきた日:10月20日

発送者・宛先

  • ご依頼主:相良凌介(団地の住所が記載されている/電話番号の記載はなし)
  • お届け先:(株)児嶋チルド食品(栃木県の住所)

その他

・送られてきた段ボール箱と「お探しのものです」と書かれた紙からは相良凌介と配送スタッフの指紋以外に、警察のデータベースに登録のない(前歴のない)1名の指紋が検出

・冷凍遺体は「石原水産」という会社から配送されたことが判明。発送したのは

  • 市場の人
  • 出荷する魚屋
  • 運送業者

のどれか?

・瑞穂によると、あの日(10月18日?)の集荷担当は98kgある古手川という巨漢の男性

→ ちなみに「古手川」という配達員は1話にも名前が出てきています。3人が失踪した10月15日に追突事故に遭い、病院へ行ったようです。

→ 古手川さん、13話でも名前だけ出てきました。冷凍品を宅配ボックスに入れられたと苦情がきましたが、古手川さんによるとちゃんと手渡ししたそうです。

10月18日 石原水産 何者かが発送
石原水産 古手川が集荷
10月20日 亀田運輸東京支社 鼓太朗が凌介に届けに来る

配送伝票に凌介の自宅の住所が記載されていたので、発送したのは凌介の自宅住所を知る人物ということになります。

さらに石原水産では一般人が発送することはまず無理だと言われていたので、市場の人か魚屋さんか配送業者…となると

自宅住所を知ってそうな人はたくさんいるけど、発送できるのはかなり限られますよね。

社内(亀田運輸)の人間しかいなくない?

 




箱詰めの篤斗

第9話の最後に凌介に届いた大きな箱。

中には氷漬けにされた篤斗が入っているという衝撃的な展開に。

冷凍遺体と同じ石原水産から発送されていること、内部についた指紋が一致することから、同一犯の可能性が高そうです。

冷凍遺体と違うところは、宛先不明で返ってきたのではなく、最初から凌介宛だったということと、「お探しのものです」などといった紙が入っていなかったことですね。

→ 13話でこの指紋が木幡由実(バタコ)のものだと警察で鑑定結果が出ていました。

ただ、バタコの指紋は部屋から出たもので、本人から採ったものではないと思うんですよね。警察が突入したあの部屋は確かにバタコがフグを捌いていた部屋のようなので、普通に考えればあの部屋から出た指紋はバタコのものだと思われますが。

冷凍遺体と篤斗を発送したのは本当にバタコなのでしょうか?!

公式サイトのSTORY(あらすじ)では、篤斗誘拐犯はバタコで確定となっています。

まとめ

『真犯人フラグ』に出てくる子供の冷凍遺体についてまとめてみました。

遺体の身元はなかなか判明しないものの、発送した人物はかなり絞られますよね。

警察は10月18日の社内の人間のアリバイなど調べていないのでしょうか。

→ 13話で両方の箱から出た指紋がバタコのものだと判明しました!社内の人間説は消えた?

 

▼各話の主な謎と人物別の動きや考察はこちら▼

『真犯人フラグ』考察&感想
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
第11話&第12話

 

▼事件の時系列をおさらい!▼

ドラマ『真犯人フラグ 第1部』時系列まとめ【第1話~第10話まで】『真犯人フラグ』の事件を時系列にまとめました。 場所が「至上の時」の出来事には、書いていませんが日野がいます! 『真犯人フラ...

 

▼Hulu独占配信!オリジナルストーリーの内容はこちら!▼

『真犯人フラグ』Huluオリジナルストーリー「週刊追求PREMIUM」の内容は?ドラマ『真犯人フラグ』のHuluオリジナルストーリー「週刊追求PREMIUM」の内容と感想を書いています。 「週刊追求PREMIU...