あらすじ・感想

『ブラッシュアップライフ』第1話【あらすじと感想】ネタバレあり

『ブラッシュアップライフ』第1話
あらすじと感想

安藤サクラさん主演!日テレ系日曜10時30分放送のドラマ『ブラッシュアップライフ』第1話のあらすじと感想(ネタバレあり)を書いています。

『ブラッシュアップライフ』第1話【あらすじ】

地元の市役所で働く近藤麻美(安藤サクラ)、33歳、独身。実家で両親と妹と4人暮らしのごくごく平凡な人生を送っていた。

ある日、麻美は、市役所の窓口業務でいつものように市民に怒られてはストレスをため、夜は幼なじみの夏希(夏帆)、美穂(木南晴夏)の3人でご飯やカラオケをしながら同級生のうわさ話で盛り上がり、このまま平凡な人生が続くと思っていたのだが……その夜、トラックにはねられ、あっけなく死んでしまう――。

気が付くと麻美は真っ白な空間にいた…「…え?…死んだ?…嘘でしょ?」。困惑する麻美に、死後の世界の案内人なる男(バカリズム)が告げる。「近藤麻美様ですね。33年間、お疲れさまでした。これから新しい生命にご案内します」。休む間もなく宣告された来世は人間ではなく……。

麻美はガッカリするが、もう一度、近藤麻美として同じ人生をやり直して徳を積めば人間に生まれ変わる確率が上がると聞いて、「だったらそれがいいです」と人生のやり直しを選択する。かくして麻美の人生2周目が始まった――。
平凡な人生をゼロからやり直す麻美!徳を積みながら自分や周りの人生をちょっとずつ変えていく――。
奇想天外な“ブラッシュアップライフ”の行方は――!?

『ブラッシュアップライフ』公式サイトより

 

そんなわけで、近藤麻美の人生2周目が始まりました!

徳をたくさん積むことを夢見て、赤ちゃんの頃はひたすら成長するのみ。

そうして保育園に入った麻美。やけに大人っぽい字を書いたりして先生を驚かせつつ、最近、玲奈ちゃんパパと洋子先生がやけに親しげであることに気づきます。大人の目線で見ると、お互いに意識していることがバレバレなのです。

そういえば1周目の今頃、玲奈ちゃんは突然苗字が変わってどこかへ引越し、洋子先生もいなくなった、ということを思い出した麻美。これからこの二人は不倫関係に陥り、それがバレたということだったのでは…。

玲奈ちゃんパパを見て「マジでこの親父なんなの…きもっ」という心の声(安藤サクラ)と、チビあさみちゃんの表情がマッチしてて可笑しかったですw

徳を積むため、なんとしてでもこの不倫を阻止しなければ…と、麻美は知恵を働かせ、小さい身体でスパイばりに警察の目をかいくぐり、自らに課したミッションをコンプリート!

玲奈ちゃんパパが洋子先生に渡したメモの内容を書き換え、玲奈ちゃんパパのポケベルに「フリン シタラ バラス」というメッセージを送ったことで二人の不倫を未然に防いだのでした。

このミッションのシーンはチビあさみちゃん役の子役が素晴らしかったですね。

特に「ナイス 遥!まだ生まれてないけど」と腰のあたりでのガッツポーズが何回見ても可愛くて笑えるw

やっとたどり着いた公衆電話で小銭がいることに気づき、「あ、お金いるんだ~うわ~~」の顔も可愛かった。

テレビに映るオオアリクイを見ながら、もっと徳を積むため、これからますます精進しようと思った麻美なのでした。

『ブラッシュアップライフ』第1話【感想】

麻美の来世

不慮の事故で亡くなった麻美の来世は「グアテマラ南東部のオオアリクイ」でしたw

案内係のバカリズムに「ご希望の生命でないのだとしたら、必要な徳が不足している可能性が…」と言われ、徳を積んで来世でも人間に生まれ変わるため、近藤麻美の人生をもう一度やり直すことにしたんですね。

でも、近藤麻美の33年間、平凡かもしれないけどなかなか楽しそうな人生でしたよね。

家族仲良しで、ちゃんと仕事もしている。月2で会う友達もいる。

全然悪い要素もないのに、人間に生まれ変われるだけの徳が不足しているなんて…。

麻美の徳が下がったと思われる言動

そんなわけで、麻美のどんなところがいけなかったのか…。徳が下がったと思われる言動を(無理やり)抜き出してみましたw

  1. 友達の悪口を言う
  2. 人の不幸を願う
  3. 人の善意に文句を言う
  4. ルールを破る

①友達の悪口を言う

幼馴染3人で昔の話になり、話題に出てきた宇野真里ちゃん。生徒会長で勉強もスポーツもできて顔も可愛い。そして現在はなんとパイロット!そんなパーフェクトな彼女のことを麻美は

「あそこまで優秀で性格までいいってさ、むしろ性格悪いよね。だってほら、うちらに妬むことすらさせてくれないんだよ?」

と言っていましたw

ちなみにこの完璧な宇野真里のことを「絶対人生2周目だよね」と言っているシーンがありましたが、これは事実ということでよろしいでしょうかw 彼女も案内人・バカリズムに言われて人生2周目にチャレンジしているんですよね??

②人の不幸を願う

昔の話の続きで麻美はこんなことを。

「なんかさ…超ダメになってる同級生とかいないのかな?このままだと劣等感に押しつぶされそうだからダメな人の話聞いて元気もらいたい」

人の不幸で自分をなぐさめようとするなんて、腐ってますねw

③人の善意に文句を言う

3人で行ったカラオケ屋で、偶然同級生の福ちゃんが働いていました!福ちゃんはフライドポテトをサービスしてくれましたが、食事してきた後でお腹がいっぱいだった麻美はこんなことを…

「こんなん絶対言っちゃいけないんだけど、サービスしてくれるんだったらポテトじゃなくてドリンクをタダにしてほしかったよね~」

「絶対言っちゃいけない」と前置きしているところが嫌らしいですねw

おまけにポテトをなっちに押し付けようとしていましたからね。しかし、歌ったらお腹が空いてサービスのポテトを平らげたどころか、追加でポテトを注文してそれも完食した3人。

最初から文句言うなって話です。

④ルールを破る

中学生の頃、ゲームボーイアドバンスを学校に持って行き、授業中にやっていた麻美。ルール違反です。おまけに先生(ミタコング)に見つかって没収されたことを今でもグチグチ言っていました。(返してもらってないのはありえない!)

だけど、このくらいの行いなら誰でもやってませんか?

(明かされていないとんでもない悪行があるのかもしれないけどw)、これでオオアリクイなんて厳しいよ~。

まとめ

最初の妹との会話や幼馴染3人の会話が2周目の人生で役に立っているところとか、市役所の上司がワイシャツを常備している話が死後のバカリズムとのシーンでも出てきたり、わかりやすい伏線が楽しかったです♪

それにしても、徳が足りなくて来世でオオアリクイになりそうだった麻美の死因(というか事故の原因)が、善行によるものだったというところが何とも皮肉じゃないですか。

手から落ちたゴミを咄嗟に拾おうとして車道に飛び出してトラックに轢かれてしまったんですよ。

ゴミなんて無視していたら死なずに済んだのに…。しかしその後も長生きして徳の不足を増やしてしまったら、来世はオオアリクイでは済まなかったかもしれないんですよね…。

直前まで一緒にいた友達二人もショックですよね。

あの3人の会話が、いかにも気の置けない友達同士の会話って感じがリアルで面白かったです。しゃべってる途中で髪を結んだりほどいたり、首元を触ったり、うんうんうんうんと首を縦に振りながらしゃべったり。麻美なんて鼻をかみながらしゃべってましたからねw(しかも綺麗にじゃなくてリアルに)

この3人だけでもずっと見ていられると思いましたw

 

『ブラッシュアップライフ』第2話【あらすじと感想】ネタバレあり 『ブラッシュアップライフ』第2話 あらすじと感想 安藤サクラさん主演!『ブラッシュアップライフ』第2話のあらすじと感想(...